2009年03月21日

若い男が拳銃を持って、群衆の中で乱射しようとした。
しかし拳銃の具合が悪いようで、弾は発射されなかった。
男は群集に取り押さえられて、殴られた。
群衆の仲の誰かが「逆さ吊りにしろ」と言った。
男は逆さ吊りにされた。
群衆の仲の誰かが「縦切りにしろ」と言った。
男は股のところに刃物を当てられ、脊椎に沿って真っ二つに切られた。
おぞましい光景を見て、僕は「そこまでしなくてもいいのに」と思った。
【関連する記事】
posted by sh at 00:41| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。